TuneCoreを使って自分の楽曲を発信。収益化も可能。

TuneCoreの登録手順

2021年7月27日現在、TuneCoreではCreate The Futureというキャンペーン開催中です。

楽曲を無料で登録できる。もちろん楽曲が再生されれば収益化も可能。

期限は2021年8月10日23:59まで。

オリジナル楽曲があるならチェックすべき。
参考:TuneCore

今は登録できる楽曲がない・・。
でもいつか登録したい!

そう思っている方にも朗報です。

Youtubeコンテンツ収益化サービスに登録しておきましょう。

TuneCoreに登録した楽曲がYoutubeで使用されたら収益化されるプログラムです。

この登録は楽曲ごとではなくアカウントごと。
一度登録すればずっと有効です。

本来なら¥1,410(税抜き)が無料。絶対チェックしてください。
参考:TuneCore

ドッグアーティスト

TUNECOREについて

Apple musicやSpotifyで自分の曲を配信したいな。
どうしたら良いの?

こんな悩みをお持ちの方へ。

Apple musicやSpotifyなどに音楽を配信したいならTune Coreに登録すればOKです。

この記事を書いた人

安里 圭一郎(あさと けいいちろう) / Kei

  • 音楽大学を卒業後、音楽を仕事にして10年以上。
  • 現在SpotifyとAmazon Music Unlimitedの有料プランを利用中。
  • 音楽を聴くこと・演奏することの楽しさを伝えます。
この記事で分かること
  • Tune Coreの登録方法が分かる
  • 収益の幅が広がる
  • 1再生のおおよその収益が分かる
目次

Tune Coreの登録方法

以下の記事が詳しいです。

https://www.tunecore.co.jp/blog/90

スポンサーリンク

TuneCoreの利用料金

以下が通常の料金です。

  • シングル1,410円(税別)~/年
  • アルバム4,750円(税別)~/年
  • リングトーン1,410円(税別)~/年
  • Video Kicks初期費用(ミュージックビデオ:1,980円(税抜))
  • YouTube楽曲の初回登録時(1度のみ)に初期費用¥1,410(税抜)

年ごとに料金が必要ですが、CDを制作するより遥かに安い。
そして在庫がない。スマホで音楽を聴く人も増えている。

小コストで音楽をリリースできるのは嬉しいですね。テクノロジーの進化に感謝です。

一年でこれ以上の再生数があれば収益になり、継続的な音楽活動を繋がりますね。

ここで疑問に思うのが、

一回再生されたら収益はいくら?

ですよね。

プラットフォームごとに違いますが、参考になる記事を紹介します。

各プラットフォームのおおよその収益

2018年の記事ですが参考になります。
参考:サブスク系音楽は1再生でいくら払われるのか

Spotify

0.0038ドル=0.41円

Apple Music

0.0064ドル=0.69円

YouTube

0.0006ドル=0.06円

Google Play

0.0059ドル=0.63円

2021年現在、Amazon Music Unlimited収益性がとても良いです。(実体験)
1再生=1円を超えることも。

スポンサーリンク

TuneCoreが過去に行なったキャンペーン

TuneCoreについてまとめました

この記事ではTuneCoreについて紹介しました。

TuneCoreはどんな音楽家にもオススメできる強力なサービスです。

スマホで音楽を聴く人が増える昨今、音楽家も対応するのはメリットが大きいはず。

あなたの楽曲で収益化して音楽活動に役立ててください。
参考:TuneCore

TuneCoreの登録手順

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

あさと けいいちろう / 安里圭一郎 / Keiのアバター あさと けいいちろう / 安里圭一郎 / Kei 音楽家・スティールパン奏者

神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
カリブの楽器:スティールパン演奏・指導者として15年以上活動中。

このブログでは様々な音楽の楽しみ方を発信します。

目次
閉じる